『日本の哲学』”Japanese Philosophy” Series

The first issue of the magazine “Japanese Philosophy” (Showado) was published in November 2000. The intent is succinctly expressed in the following words from the first issue’s “Editorial Postscript”:

For a long time, we have not faced the importance of Japanese philosophy seriously. However, in order for thought to gain independence and the power to open up new perspectives, it is necessary to look not only to the outside but also to the foundations of our own speculation. This does not mean, of course, limiting our gaze to our interiority. Rather, we believe that it is the dialogue that emerges from the difference in perspectives that is necessary. It is through such dialogue that thought can truly become creative. It is with this intention that we have decided to launch this first issue of Japanese Philosophy.

For an index of the older issues, visit HERE.

Journal of Japanese Philosophy (SUNY)

The Journal of Japanese Philosophy is the first international, peer-reviewed journal of Japanese philosophy.

Editorial information:

Mayuko Uehara (Editor-in-Chief) is Professor in the Department of Japanese Philosophy at Kyoto University. Ching-yuen Cheung (Assistant Editor) is Lecturer in the Department of Japanese Studies at the Chinese University of Hong Kong. Leah Kalmanson (Assistant Editor) is Associate Professor of Philosophy and Religion at Drake University. John W. M. Krummel (Assistant Editor) is Associate Professor of Religious Studies at Hobart and William Smith Colleges. Anton Luis Sevilla (Book Review Editor) is Assistant Professor of Asian Studies at Kyushu University. Dennis Stromback (Editorial Assistant) holds a Ph.D. in Religious Studies from Temple University.

Link

https://sunypress.edu/Journals/The-Journal-of-Japanese-Philosophy

Journal “Philosophy Studies”『哲学研究』

 

“Philosophy Studies” is a journal published by the Kyoto Philosophical Association, which was formed by Kitaro Nishida, Sanjuro Asanaga, and other staff members of Kyoto University’s philosophy department in its early days.

In an essay titled “The Inauguration of Philosophical Studies,” Sanjuro Asanaga wrote the following about the circumstances of the first issue. “The Kyoto Philosophy Department has been in existence for about ten years now, and as the number of teachers and graduates has been increasing, we wanted to publish a journal that would serve as a study guide for the graduates and teachers themselves.”

The first issue, published in April 1916, contained an article by Nishida entitled “Contemporary Philosophy” 「現代の哲学」 and the second issue contained an article by In the second issue, Hajime Tanabe’s “On Universality”「普遍に 就いて」 was published. The journal was published monthly at the time, and from 1916 to the following year, Nishida wrote a monthly article that would later be compiled into『自覚に於ける直観と反省』. The article “Place” was also published in Philosophical Studies.

For more information visit the site of the Kyoto University.

To take a look to the content of the different issues:

Issues 1966-2018

Older issues:

『哲学研究』目録

創刊号~第345号の目録は、以下からダウンロード可能である。

・EXCEL版:創刊号~第345号(1945(昭和20)年9月)

・PDF版:創刊号~第345号(1945(昭和20)年9月)

第500号以降の目次は、京都哲學会のサイトに掲載されている。

Bulletin of the History of Japanese Philosophy No.11

《藤田正勝教授・日本哲学史専修退職記念号》

Special Issue in commemoration of professor Masakatsu Fujita’s Retirement from the Department of History of Japanese Philosophy

目次

  • 「凍れる音楽」と「天空の音楽」 – 藤田正勝 PDF
  • 藤田さんのこと – 福谷茂 PDF
  • 西田幾多郎とセーレン・キェルケゴール --「実践哲学序論」の一考察 – 氣多雅子 PDF
  • 「種の論理」と「社会的なもの」の問い ――田辺、ベルクソン、フランス社会学派―― – 杉村靖彦 PDF
  • 大拙禅における主体性の問題 ――日本哲学からの発信の試み―― – 水野友晴 PDF
  • 明治日本における宗教哲学の形成と哲学者の宗教的関心 ――清沢満之を中心に―― – 杉本耕一 PDF
  • 『善の研究』における「哲学的思想」とその方法 – 城阪真治 PDF
  • 思慮分別はなぜ純粋経験ではないのか – 日髙明 PDF
  • 志向的意識と場所的意識 – 満原健 PDF
  • 形成期西田哲学とヴィンデルバントの共有地 ――意志的なものというスローガンと文化主義をめぐって―― – 中嶋優太 PDF
  • 二つの行為の哲学 ――西田・田辺論争をめぐって―― – 太田裕信 PDF
  • 西田における「アプリオリ」概念 – 石原悠子 PDF
  • 前近代の日本思想と日本哲学の境界 ――デューイ、フッサール、パトチカを手がかりに―― – ダニエル・バーク PDF

Bulletin of the History of Japanese Philosophy No.10

目次

  • 西田幾多郎の哲学
    ――トランスカルチュラル哲学運動とその可能性…張政遠 PDF
  • 西田幾多郎とT・H・ グリーン
    ――トランス・カルチュラル哲学の視点から―…林永強 PDF
  • 哲学と宗教の間
    ――唐君毅と西谷啓治における近代性をめぐる思索…黄冠閔 PDF
  • 西田によるヘーゲル生成論批判の射程…熊谷征一郎 PDF
  • 場所の論理と直観
    ――西田幾多郎『働くものから見るものへ』と『一般者の自覚的体系』…太田裕信 PDF
  • 九鬼周造における現象学と形而上学の交わりの問題…シモン・エベルソルト PDF

Bulletin of the History of Japanese Philosophy No.1-9 [index only]

第9号

目次

西田幾多郎とT・H・グリーン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・行安 茂

澤口昭聿・中沢新一の多様体哲学について・・・・・・・・・・・・・・・・林 晋

  ――田辺哲学テキスト生成研究の試み(二)――

現代生命科学の発展と西田の生命論・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡田 安弘

二重なる<絶対の他への内在的超越>・・・・・・・・・・・・・・ブレット・デービス
――西田の宗教哲学における他者論――

第8号

目次

和辻哲郎の戦後思想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高橋 文博

個性の円成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田中 美子
――和辻哲郎「心敬の連歌論について」を読む――

「存在と無の同一」としての「生成」の意味をめぐって・・・・・・・熊谷 征一郎
――西田によるヘーゲル生成論批判の妥当性と意義――

≪書評≫ 井上克人著 『西田幾多郎と明治の精神』・・・・・・・・・・水野 友晴

第7号

目次

モナドロジーを創造的なものにすること・・・・・・・・・・・・・・・米山  優
――〈モナドロジックでポリフォニックな日本の哲学〉に向けて――

『マラルメ覚書』と「死の哲学」・・・・・・・・・・・・・・・・・・細谷 昌志
――田辺哲学の帰趨――

「数理哲学」としての種の論理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・林   晋
――田辺哲学テキスト生成研究の試み(一)――

西田哲学と儒教との「対話」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・呉  光輝

京都学派の仏教的宗教哲学から「倫理」へ・・・・・・・・・・・・・・杉本 耕一

第6号

目次

過去への眼差し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤  徹
――『硝子戸の中』の頃の夏目漱石――

翻訳と近代日本哲学の接点・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上原麻有子

下村寅太郎の科学的認識論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・城阪 真治
――表現作用としての「実験的認識」について――

中期西田哲学における質料概念の意義・・・・・・・・・・・・・・・・日高  明

西田における形の生命論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・濱  太郎

第5号 

目次

西谷啓治における「科学と宗教」の現代的意義・・・・・・・・・・・・岡田 安弘
――生命科学の危機的な諸問題を前にして――

西田幾多郎の宗教的世界の論理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・黄  文宏
――新儒家の宗教観との比較を兼ねて――

西谷における自他関係の問題・・・・・・・・・・・・・・・・シルヴァン・イザク

西田哲学批判としての「種の論理」の意義・・・・・・・・・・・・・・守津  隆

「絶対無」としての「絶対的生」とは何か・・・・・・・・ダニエラ・ヴァルトマン
――ミシェル・アンリと仏教あるいは田辺元との対話――

第4号

目次

哲学と日本思想史研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水 正之
――和辻哲郎の解釈学と現象学のあいだ――

西田哲学の国家論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤田 正勝

歴史的世界における制作の立場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉本 耕一
――後期西田哲学の経験的基盤――

コケムシから哲学まで・・・・・・・・・・・・ジェラルド・クリントン・ゴダール
――近代日本の「進化論・生物学の哲学」の先駆者としての丘浅次郎――

≪書評≫藤田正勝著『西田幾多郎――生きることと哲学』・・・・・・・高坂 史朗

第3号

目次

アウグスティヌスと西田幾多郎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・片柳 榮一

西谷啓治・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・林  鎮国
――空と歴史的意識をめぐって――

日本思想における二重言語的空間・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡田 勝明
――西田幾多郎の場合――

真の自己の否定性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ステフェン・デル
――上田閑照の「自己ならざる自己」の現象学――

第2号

目次

日本語の七層と現象学的優位・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平田 俊博
――日本語で哲学する――(前)

臨生する精神・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古東 哲明
――日本人の他界観――

美的生活の可能性と限界・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮野真生子
――柳宗悦「第三の道」とは何か――

西田哲学と歴史・国家の問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤田 正勝

第1号

目次

和辻哲郎「風土」論の可能性と問題性・・・・・・・・・・・・・・・・・藤田 正勝

幻視された「自己」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤  徹

退歩と邂逅――西洋哲学から思索的対話へ・・・・・・・・・・ブレット・デービス

西田哲学の「転回」と「歴史哲学」の成立・・・・・・・・・・・・・・・・杉本 耕一