The 38th Nishida-Tanabe Memorial Lecture 2022 (in Japanese)

2022年度 第38 回西田・田辺記念講演会のご案内

 

新緑の美しい季節となりました。

皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

昨年度に続き、今年度もZoomにより開催いたします。

万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようお願い申し上げます。

日時: 20221年6月4日(土)午後2時より

 

会場:Zoom

(リンクは、後日、Eメールでお知らせいたします。)

午後2時

開会

午後2時10分

牧野 英二 氏  (法政大学 名誉教授)

「田辺哲学と「歴史的理性批判」 ― 田辺元没後60年を記念して」

休憩

午後4時

小林 敏明 氏 (ライプツィヒ大学 名誉教授)

「西田研究の可能性 ― これから西田を研究する人のために」

【寸心会からのお知らせ】

西田没後、7人の弟子が立ち上げて以来の歴史をもつ寸心会では、例年、妙心寺霊雲院で法要を行ってきました。近年は、西田・田辺記念講演会の翌日曜日の午前中、墓前での読経と、西田の日記/書簡を読んでの感想会を兼ねて、霊雲院で会合を催してきました。これからも続けてまいりたいと思いますが、現時点ではまだコロナ禍が収束したとは言えず、今後の動向も不明であることから、残念ながら、昨年度に続けて中止とさせていただきます。

文責 秋富克哉(寸心会)

主催:西田・田辺記念講演会 (京都大学文学研究科 日本哲学史研究室・宗教学研究室)

連絡先:日本哲学史研究室 上原麻有子

E-mail  japanese_philosophy@yahoo.co.jp

 

『日本の哲学』”Japanese Philosophy” Series

The first issue of the magazine “Japanese Philosophy” (Showado) was published in November 2000. The intent is succinctly expressed in the following words from the first issue’s “Editorial Postscript”:

For a long time, we have not faced the importance of Japanese philosophy seriously. However, in order for thought to gain independence and the power to open up new perspectives, it is necessary to look not only to the outside but also to the foundations of our own speculation. This does not mean, of course, limiting our gaze to our interiority. Rather, we believe that it is the dialogue that emerges from the difference in perspectives that is necessary. It is through such dialogue that thought can truly become creative. It is with this intention that we have decided to launch this first issue of Japanese Philosophy.

For an index of the older issues, visit HERE.

The Forum of Japanese Philosophy

The Forum of Japanese Philosophy was established primarily by the Kyoto University Faculty of Letters Office of the History of Japanese Philosophy, for the purpose of researching the history of Japanese Philosophy, as well as for the purpose of developing networking relationships with that aim of research in view. The Forum of Japanese Philosophy began its activities in April 2000. Its two main activities are its biannual research meeting, The Forum of Japanese Philosophy, and its annual journal, Japanese Philosophy, published by Showado Press. In addition to these activities, The Forum of Japanese Philosophy is committed to developing cooperative relationships with scholars outside of Japan as well as within Japan, for the purpose of promoting further research in Japanese Philosophy. The Forum of Japanese Philosophy thus aims to become a heritage fostering a “place for dialogue”.
JAPANESE PHILOSOPHY

In November 2000, volume 1 of the department’s journal, Japanese Philosophy, was published by Showado. The intention of the journal is concisely expressed in the following words from the Editor’s Postscript of volume 1:

“It could be thought that a great deal of time passed by before our department faced the work of Japanese Philosophy directly. However, in order for our vision to become independent and attain the power for opening up a new view, we determined that it would not only be necessary to pay attention to the world outside of our department, but that it would also be necessary to pay attention to what would be based on our own efforts. Of course, this does not mean that we have limited our viewpoint toward our own interests. On the contrary, we are convinced that the dialogue which emerges from difference is especially necessary. We are convinced that it is through this very dialogue that our ideas will become creative in the true sense. It is with this aim of dialogue in mind that we determined to establish the journal, Japanese Philosophy.”

Nishida and Tanabe Memorial Lectures

Nishida and Tanabe Memorial Lectures

The Nishida-Tanabe Memorial Lectures were originally held to honor the legacy of Kitaro Nishida and Tanabe Hajime and to further the understanding and development of their philosophy. The lectures had been held separately as the “Lecture Series” (since 1963). The following is a list of speakers and their topics since 1984 (in Japanese).

2019年度の講演
松丸壽雄氏(ドイツ「恵光」日本文化センター所長)
「西田と科学」
田中裕氏(上智大学名誉教授)
「懺悔道と菩薩行」
日 時 :6月1日(土)午後1時30分より

2018年度
岡田勝明氏(姫路独協大学教授)「場所の論理と自己存在の証明-西田哲学の現代性」
ジョン・C・マラルド氏(ノースフロリダ大学名誉教授)「The Question of Responsibility in Metanoetical Philosophy」
日時:6月2日(土)午後1時30分より

2017年度
森哲郎氏(京都産業大学教授)「西田幾多郎における「表現」思想図式―『善の研究』の成立と転回」
嶺秀樹氏(関西学院大学教授)「初期田辺の反省理論―西田批判の背景にあるもの」
日時:6月3日(土)午後2時より

2016年度
村井則夫氏「図式・媒介・象徴ー田辺元とパラドクスの哲学」
有福孝岳氏「西田における哲学・道徳・宗教」

2015年度
福谷茂氏「田邊元の二つの弁証法―― 絶対弁証法と「種の論理」」
村田純一氏「作られたものから作るものへ  ――西田幾多郎における技術 ・科学・宗教」

2014年度
氣多雅子氏「西田の「個物と個物との相互限定」をめぐって」
末木文美士氏「無の場所と他者・死者――西田と田辺をつなぐもの」

2013年度
加國尚志氏「死・沈黙――田辺元とブランショ」
斎藤慶典氏「西田幾多郎と生命の論理」

2012年度
藤田正勝氏「田辺元の生涯と思想――田辺元先生没後五十年を記念して――」
岩城見一氏「京都学派の芸術思想――久松真一〈禅と美術〉――」

2011年度
林晋氏 「種の論理再考―数理思想史の観点から」
行安茂氏 「西田幾多郎とT・H・グリーン」

2010年度
伊藤邦武氏「自覚と自己表現的体系」
長谷正當氏「田辺哲学と親鸞の思想―
―「種の論理」の挫折とそれの新しい立場からの展開」

2009年度
細谷昌志氏「『マラルメ覚書』と「死の哲学」―田辺哲学の帰趨―」
木村敏氏「生命・身体・自己」

2008年度
伊藤 益氏「愛と死の哲学―田辺元―」
小林道夫氏「西田とデカルト―「懐疑」と「我の存在」把握をめぐって―」

2007年度
高山 守「田辺元のヘーゲル理解をめぐって」
竹村牧男「西田幾多郎の仏教―真宗とのかかわりを中心に」

2006年度
合田正人「「種の論理」の生成と変容―その現代的意義―」
片柳栄一「アウグスティヌスと西田幾多郎」

2005年度
シンポジウム 「西田哲学が生きる医療」
吉田真一「矛盾的相即の論理」
安松聖高「矛盾的相即が生きるカウンセリング」
藤江良郎「癒しつつ癒される医療」

2004年度
中沢新一「日本哲学にとって「観念」とは何か」
溝口宏平「西田幾多郎とディルタイ―西田哲学と解釈学の出会いの可能性―」

2003年度
山田弘明「西田幾多郎とパスカルの精神」
小野寺功「西田・田辺哲学とキリスト教」

2002年度
嶺 秀樹「解釈学と田辺の弁証法」
中川久定「デカルトの身体と西田の歴史的身体」

2001年度
井上克人「西田・田辺哲学における道元理解をめぐって」
山形頼洋「西田哲学の自覚とフランス哲学の自我と他者」
上田閑照「西谷先生生誕百年を記念して」

2000年度
大峯 顯「西田幾多郎の宗教思想」
辻村公一「ハイデッガーの遺文『聖なる名の欠在』について」

1999年度
田中 裕「田辺元の科学哲学」
山本誠作「西田哲学とホワイトヘッド」

1998年度
堀尾 孟「西谷先生の思索の性格」
渡邊二郎「深き奥底―西田幾多郎偶感―」

1997年度
小坂国継「西田哲学の課題」
長谷正當「死と「実存協同」―田辺の晩年の思想をめぐって」

1996年度
野家啓一「科学論から見た西田哲学」
細谷昌志「行為的自覚―田辺哲学の立脚地」

1995年度
ジェームズ・W・ハイジック「種の論理とグローバル・ヴィレッジ」
上田閑照「西田幾多郎―人間の生涯について」

1994年度
久重忠夫「『受苦(パトス)の倫理学』の試み」
西川富雄「西田哲学における存在の論理」

1993年度
石田慶和「田辺先生の宗教哲学について」
北森嘉蔵「絶対者の『悲痛』をめぐって―西田・田辺両哲学との関連で」

1992年度
大橋良介「技術・身体・世界―ヨーロッパ現代哲学と京都学派の哲学」
阿部正雄「アメリカにおける西田哲学研究」

1991年度
クラウス・リーゼンフーバー「純粋経験と絶対意志」
斉藤義一「田辺哲学について」

1990年度
ヤン・ヴァン・ブラフト「田辺と哲学と宗教」
上田閑照「経験と自覚と場所」

1989年度
湯浅泰雄「西田における東洋的思考」
野田又夫「西田哲学と田辺哲学」

1988年度
新田義弘「西田前期の思索における経験と反省―西田哲学の同時代性」
武内義範「田辺哲学における理性について」

1987年度
木村敏「精神病理学に於ける自己の問題」
門脇卓爾「西田哲学とカント」

1986年度
小川圭治「西田幾多郎とキリスト教」
辻村公一「田辺哲学と死の問題」

1985年度
末木剛博「西田哲学における矛盾の概念」
武藤一雄「無即愛―田辺哲学とキリスト教」

1984年度
坂部恵「かたりとしじま」
下村寅太郎「日本の哲学と日本語について―西田哲学のライトモティフに関連して」

Journal of Japanese Philosophy (SUNY)

The Journal of Japanese Philosophy is the first international, peer-reviewed journal of Japanese philosophy.

Editorial information:

Mayuko Uehara (Editor-in-Chief) is Professor in the Department of Japanese Philosophy at Kyoto University. Ching-yuen Cheung (Assistant Editor) is Lecturer in the Department of Japanese Studies at the Chinese University of Hong Kong. Leah Kalmanson (Assistant Editor) is Associate Professor of Philosophy and Religion at Drake University. John W. M. Krummel (Assistant Editor) is Associate Professor of Religious Studies at Hobart and William Smith Colleges. Anton Luis Sevilla (Book Review Editor) is Assistant Professor of Asian Studies at Kyushu University. Dennis Stromback (Editorial Assistant) holds a Ph.D. in Religious Studies from Temple University.

Link

https://sunypress.edu/Journals/The-Journal-of-Japanese-Philosophy

Journal “Philosophy Studies”『哲学研究』

 

“Philosophy Studies” is a journal published by the Kyoto Philosophical Association, which was formed by Kitaro Nishida, Sanjuro Asanaga, and other staff members of Kyoto University’s philosophy department in its early days.

In an essay titled “The Inauguration of Philosophical Studies,” Sanjuro Asanaga wrote the following about the circumstances of the first issue. “The Kyoto Philosophy Department has been in existence for about ten years now, and as the number of teachers and graduates has been increasing, we wanted to publish a journal that would serve as a study guide for the graduates and teachers themselves.”

The first issue, published in April 1916, contained an article by Nishida entitled “Contemporary Philosophy” 「現代の哲学」 and the second issue contained an article by In the second issue, Hajime Tanabe’s “On Universality”「普遍に 就いて」 was published. The journal was published monthly at the time, and from 1916 to the following year, Nishida wrote a monthly article that would later be compiled into『自覚に於ける直観と反省』. The article “Place” was also published in Philosophical Studies.

For more information visit the site of the Kyoto University.

To take a look to the content of the different issues:

Issues 1966-2018

Older issues:

『哲学研究』目録

創刊号~第345号の目録は、以下からダウンロード可能である。

・EXCEL版:創刊号~第345号(1945(昭和20)年9月)

・PDF版:創刊号~第345号(1945(昭和20)年9月)

第500号以降の目次は、京都哲學会のサイトに掲載されている。

Bulletin of the History of Japanese Philosophy No.11

《藤田正勝教授・日本哲学史専修退職記念号》

Special Issue in commemoration of professor Masakatsu Fujita’s Retirement from the Department of History of Japanese Philosophy

目次

  • 「凍れる音楽」と「天空の音楽」 – 藤田正勝 PDF
  • 藤田さんのこと – 福谷茂 PDF
  • 西田幾多郎とセーレン・キェルケゴール --「実践哲学序論」の一考察 – 氣多雅子 PDF
  • 「種の論理」と「社会的なもの」の問い ――田辺、ベルクソン、フランス社会学派―― – 杉村靖彦 PDF
  • 大拙禅における主体性の問題 ――日本哲学からの発信の試み―― – 水野友晴 PDF
  • 明治日本における宗教哲学の形成と哲学者の宗教的関心 ――清沢満之を中心に―― – 杉本耕一 PDF
  • 『善の研究』における「哲学的思想」とその方法 – 城阪真治 PDF
  • 思慮分別はなぜ純粋経験ではないのか – 日髙明 PDF
  • 志向的意識と場所的意識 – 満原健 PDF
  • 形成期西田哲学とヴィンデルバントの共有地 ――意志的なものというスローガンと文化主義をめぐって―― – 中嶋優太 PDF
  • 二つの行為の哲学 ――西田・田辺論争をめぐって―― – 太田裕信 PDF
  • 西田における「アプリオリ」概念 – 石原悠子 PDF
  • 前近代の日本思想と日本哲学の境界 ――デューイ、フッサール、パトチカを手がかりに―― – ダニエル・バーク PDF